2006年08月25日

公的医療保険を使って禁煙治療を

京都新聞 2006年08月24日
http://www.kyoto-np.co.jp/article.php?mid=P2006082400026&genre=G1&area=Z10より全文

禁煙するならこの病院へ  2千施設をネットで紹介

たばこをやめたい人はこの医療機関へどうぞ−。
日本禁煙学会(理事長・作田学杏林大教授)は24日までに、公的医療保険を使って禁煙治療を受けられる全国の約2000カ所の医療機関をデータベース化し、インターネットで公開した。

禁煙治療は今年4月の診療報酬改定で保険適用となり、治療経験のある医師がいるなど一定の基準を満たし、全国の社会保険事務局に届け出た医療機関で保険が使えるようになった。
しかし、患者が対象施設を知るには地元の社会保険事務局や各医療機関に問い合わせるしかなかった。

このため、同学会が6−7月、各社会保険事務局に照会。
回答をもとに、医療機関名と住所、電話番号が一目でわかる都道府県ごとのリストを作成、7月末から学会のホームページ(HP)上に掲載した。

保険の対象患者は何年もたばこを吸い続け、ニコチン依存症と診断された人。
同学会によると、自費負担なら約2−3カ月で3万円程度かかる治療費が半分以下の負担で済む。
厚生労働省は、保険適用によって禁煙する人が増えればがんや脳卒中が減り、10年目に年500億円以上の医療費削減効果があると試算する。

作田理事長は「7月からたばこが値上げされたこの夏が禁煙のチャンス」として「たばこをやめたいがどこに行けばいいか分からず、二の足を踏んでいる人は多いはず。
HPを活用し、禁煙治療に足を運んでほしい」と呼び掛けている。

医療機関データベースのアドレスは
http://www.nosmoke55.jp/nicotine/clinic.html

ところで、
同学会によると、自費負担なら約2−3カ月で3万円程度かかる治療費が半分以下の負担で済む。
ということですから
窓口負担は3割なので
半分以下と言うより。
3割なのだから、1万円ぐらいということで、
いいんでしょうかね?

それと
実際に保険で
どんな治療が
受けられるのか
多分
ニコチンパッチ製剤を処方して
だと
思うのですが
日本禁煙学会HPには
残念ながら
紹介ありませんでしたので
こちらでどうぞ
ニコチン置換療法
http://www.e-kinen.jp/00/nicotinpatch.html

さらに
詳細を

いう方は

禁煙治療のための標準手順書を下記学会からダウンロードできます。

日本循環器学会
http://www.j-circ.or.jp/kinen/anti_smoke_std/
 日本肺癌学会
http://www.haigan.gr.jp/kinentejyunsho.html
 日本癌学会
http://www.jca.gr.jp/e16.html

しかし
保険適用できるのが
全国で
2000
二千
ですよね。

1都道府県当たり
40
ちっよと
ですかね。
単純に
割ると

少ないですね。

禁煙より
受診ために
待たされる方が
イライラ
したりして

増えて欲しいですね。
対応医療機関
気軽に受診できるようになるためにも
期待してます手(チョキ)

参考までに
日本禁煙学会HP
http://www.nosmoke55.jp/

人気blogランキングに参加してます。こちらもよろしくお願いします。
人気blogランキングへbanner.gif

禁煙の手助けとして、こちらもどうぞ
ニコレットクールミント:72個【三牧ファミリー薬局】ニコレットミント:96個【三牧ファミリー薬局】









posted by カルマ馬場高田 at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 禁煙ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。